事業資金の支援

協会が行っている、事業の資金面に対する支援制度のご紹介です。



街なか居住再生ファンド

街なか居住再生ファンドの活用の仕組み

街なか居住再生ファンド出資の考え方

(出資対象とするプロジェクトは、いわゆる不動産の証券化による事業手法を想定しています。)

  1. 不動産の証券化の基本に則った優先劣後関係とします。
  2. 街なか居住再生ファンドの出資条件については、対象事業毎に定めます。
  3. 街なか居住再生ファンドの出資のポジションは、最劣後出資者(例えば地権者等)による出資分よりは優先するものとします。
  4. 原則として、一般社団法人などを設立して倒産隔離を行っていただきます。
特別目的事業体:SPV(TMK等)

※詳細は以下のボタンをクリックしてください。

不動産証券化とは 街なか居住再生ファンド出資事業スキーム例 街なか居住再生ファンド活用に係るプレイヤー
このページのTOPに戻る