「再開発ワークショップ」の開催について

主催:社団法人 全国市街地再開発協会

日時・開催地

日時 : 平成17年11月15日(火)、16日(水)  各日13:30〜16:30 
      
場所 : 当協会 会議室 
      東京都港区虎ノ門1-19-10第6セントラルビル3階 TEL:03-3591-2361

 
平成17年度のテーマ
1. 1日目テーマ 「市街地再開発事業の都市計画案作成上の課題」
  市街地再開発事業を円滑に進めるため、都市計画案を作成するにあたっての基本的留意点、事業計画の具体化に伴って都市計画の変更をしなくてもよいような記載上の工夫等について検討します。
講 師 : 独立行政法人 都市再生機構業務第一部再開発チーム 大山雄二郎 氏
        熊本市都市整備局熊本駅周辺整備事務所 主査 上野 裕典 氏
2. 2日目テーマ 「民間能力の活用方策(業務代行者、特定建築者など)」
  市街地再開発事業における「業務代行方式」、「特定建築者制度」を主なテーマとし、関連する「参加組合員」、「事業協力者」なども含めて、その活用の現状と運用上の工夫、活用における課題等について検討します。
講 師 : 協同組合 都市設計連合理事長 向當光生 氏
       独立行政法人 都市再生機構業務第一部再開発チーム 楠本 博 氏
 
実施形式

このワークショップは、一定のテーマについて参加者の実務経験等レベルを揃えて、出席者全員で意見交換する形式で行います。最初の1時間は、有識者および協会職員からテーマに関して講演・説明を行い、質疑応答をします。残り2時間は、出席者より提出された課題・意見交換テーマ等について、有識者等の見解を聴き、出席者全員による意見交換をします。
昨年の概要は、http://www.uraja.or.jp/katsudo/16workshop.pdfをご覧ください。

 
対象とする参加者・受付定員
当協会の会員とします。
1日目のテーマは、再開発事業の実務経験が概ね3年未満のかたに適切な内容(レベル)で開催します。
2日目のテーマは、再開発事業の実務経験が概ね3年以上のかたに適切な内容(レベル)で開催します。
原則として、定員は各日とも6団体以内、人数は約12名まで、1団体あたり2名以内で開催いたします。
原則申込順受付とし、定員に達した場合は参加をお断りすることがあります。

 

 
参加費
無 料(出席旅費は参加者の負担となります。)
 
参加申込等
下のアイコンから「申込書」をプリントアウトし、申込書記載の宛先までFAX送信で申し込みください。尚、組合関係者、コンサルタント等のかたは、事業を指導する地方公共団体の担当者を通じてお申し込み下さい。
参加申込の受付期間は、平成17年10月11日(火)〜平成17年10月21日(金)までとします。受付開始日前に到着したものは、受付順番で必ず優先されるわけではありませんので、ご注意ください。
出席人数が3名以上の場合は、FAX申し込み前に電話等で協会担当者に相談いただきますようお願いいたします。
協会より参加票を申込者にFAX送信いたしますので、指定の時間に会場にお集まりください。
 

問い合わせ先・担当者

(社)全国市街地再開発協会
「再開発実戦ワークショップ」担当
企画部 松井、上田
TEL : 03-3591-4491  FAX : 03-3591-2456